取り組み

IBF ワークグループとプロジェクトは、年次総会でのコミュニティフォーラムで作成され、特定の分野で奉仕することを希望するボランティアで構成されています。

これらの取り組みは、学校、トラウマ、メンタルヘルス、公共意識に息をのむような効果を持続可能な方法で取り入れるためのものです。

グローバル・インスピレーション・カンファレンス

25年以上にわたり、IBFは毎年1週間にわたるグローバル・インスピレーション・カンファレンス(GIC)を別の国で開催してきました。 会議では、毎日の基調講演者と意識的な呼吸の分野の専門家によって促進されるワークショップの多様な範囲を備えています。

GICはIBF年次総会の本拠地であり、IBFイニシアチブがインスピレーションを受け、作成されています。

国連ワークグループ

IBFは2016年に国連経済社会理事会に特別協議的地位を与えられました。

IBFは、意識的な呼吸と呼吸の促進という我々の使命に沿った様々なプロジェクトとイニシアチブを通じて、国連の持続可能な開発目標を支持しています。 このワークグループの役割は、世界中の健康と幸福に対する呼吸の影響(IBFイニシアチブを含む)に関する情報を収集することです。

このグループは、次のプロジェクトを設立しました。

外傷回復のためのコヒーレント呼吸:

難民や自然災害の影響を受けた人々と、トラウマを克服するために一貫した呼吸を共有するために、大規模な組織のスタッフとボランティアを訓練する実践的なプログラム。

科学・研究ワークグループ

既存の出版物を照合し、身体的、精神的、感情的な幸福のためのツールとして意識的な呼吸に関するIBF主導の研究をキュレーションする専門家チーム。

教室での意識的な呼吸

すべての年齢の子供のための呼吸練習の包括的なトレーニングマニュアル。

教師、親、子供を訓練し、教室で意識的な呼吸法を使用して健康、幸福、感情的な意識を向上させます。

ブレスワーク開発基金

恵まれないコミュニティを支援するプロジェクトの財政支援例えば、HIV陽性の女性とスラム街に住む子供たちに息抜きを提供する組織。

世界呼吸の日:4月11日

毎年恒例のグローバルイベントで、誰もが呼吸の癒しと統一力を思い出し、経験し、祝うように誘います。 この取り組みは、意識的な呼吸の価値ときれいな空気の重要性と二酸化炭素排出量の削減に対する意識を高めます。 2006年以来、IBFは、この日に30カ国以上で地元主催のイベントを奨励しています。

呼吸サークル

世界中で100以上の呼吸サークルが毎月会合を開き、ウェルネスモダリティとして意識的な呼吸を促進し、実践しています。

2呼吸に会う

自分の家から息を通して人々をつなぐ取り組み。 Meet 2 Breathe は、毎月第 2 火曜日と第 4 火曜日に IBF メンバー向けにオンライン イベントを開催します。

IBF 国連ワークグループによってコンパイルされました

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!