外傷回復のための意識的な呼吸

CBTRトレーニングは、フランスと英国に拠点を置くブレスワークトレーナーのジュディー・ジーとブリジット・マーティン・パウエルによって作成されました。 ブリジットとジュディーはIBFの元大統領であり、現在はIBF-UNワーキンググループ委員会に参加し、国連2030持続可能な開発アジェンダに沿ったプロジェクトを開発しています。

CBTRプログラムは、特に難民のために設計されており、その主要な教育ツールとしてコヒーレント呼吸を使用しています。 訓練は2017年に考案され、地元のNGOが難民(避難所、食糧、医療援助、地域福祉)を支援する連絡を取り合ってアテネ(ギリシャ)で試験的に実施されました。

このプログラムの目標は2つあります。

  • 短時間で学べる意識的な呼吸教育(2時間のワークショップ) 参加者は、呼吸習慣の意識を高めるために実践的な指導を受け、自律神経系を再調整するための特定の呼吸法を教えられる。
  • 2時間のCBTRワークショップを提供するために地元に配置されたファシリテーターを教育する(総トレーニング時間は10時間で、6時間の特定のファシリテータートレーニングと2時間のCBTRワークショップへの事前参加を含む)。

お住まいの地域でCBTRワークショップやファシリテータートレーニングを開催するには、ブリジット(brigittemartinpowell@hotmail.co.uk – +44 7962 202901 WhatsApp)またはジュディー(judee@sfr.fr – +33 685 571977 WhatsApp)までお問い合わせください。

Grm1Skara4

コヒーレント呼吸とは何ですか?

コヒーレント呼吸と自律神経系

ストレス応答システムの主要なコンポーネントは、心血管系、呼吸器系、消化器系、ホルモン系、腺系、免疫系を含む身体の自動機能を管理する自律神経系である。 自律神経系には、交感神経系(戦いや飛行システム)と副交感神経系の2つの主要な分岐があります。

理想的には、両方のシステムは、私たちの日常生活を通じて特定の行動のために介入する必要がありますが、長期的には両者のバランスが必要です。 常に精神的、肉体的または感情的ストレス(交感神経系)の下で休息、統合、補充する時間のない身体(副交感神経系)は、最適に機能せず、その結果に苦しむ。

私たちの呼吸を通して自発的に制御することができる体の1つの自動機能があり、それが呼吸器系です。 意識的な呼吸技術は、自律神経コミュニケーションネットワークへの容易なアクセスを提供し、呼吸パターンを変更することによって、私たちは私たちの思考、感情や行動に強力な影響を与える脳に特定のメッセージを送信します。 例えば、不安を感じるとき、コヒーレント呼吸のわずか数分は、私たちの心配した心を落ち着かせ、衝動的ではなく、より合理的な意思決定を促進することができます。

コヒーレント呼吸の練習:1分間に5回の呼吸のリズムで呼吸することは、身体のバランスを取り直し、穏やかで安らかなリラクゼーションの内側の状態にアクセスするための最適な呼吸リズムです。 毎分5回の呼吸は6秒間、6秒間の呼吸に対応し、息切れと息切れをリラックスした方法で結び付けます。

練習する方法:徐々に開始し、意識的にリラックスした方法で3秒と3秒アウト、それが快適に感じるまで。 その後、4秒で4秒間呼吸に移り、6秒と6秒アウトまであなた自身のリズムで進行します。 背の高い人はもっとゆっくり呼吸したいと思うかもしれません。

練習する場所:あなたが数分間邪魔されない静かな場所を見つけることから始めます。
柔らかい光の条件や暗闇は、あなたがリラックスするのに役立ちます。 あなたが暖かく滞在することを確認するために手に軽い毛布を持っています。 座るか、快適な位置に横になって、あなたの練習を開始します。 練習に慣れたら、幅広い状況(座って、歩く)でそれを適用することができます。

練習するタイミング:1日3回は5分間(365)は素晴らしい始まりであり、数週間毎日練習を適用できれば、最も多くの利益を得ることができます。 一貫した呼吸の1分でさえ、あなたの神経系のバランスを取り戻すのに役立ちます。
スティーブン・エリオットは、神経系を再調整し、デフォルトの練習として一貫した呼吸反射をインストールするために、21日間の1日あたり20分を示唆しています。

コヒーレント呼吸とさらなる読書:

息の新しい科学、スティーヴン・エリオット(http://www.coherence.com)

ブレスの癒しの力、R・ブラウン博士とP・ガーバーク博士(http://www.breath-body-mind.com)

コヒーレント・ブリージング・呼吸 ,W・エールマン博士 (http://www.wilfried-ehrmann.com)